【鍔】無銘(応仁)”宝透図”

0757

一見して応仁鍔と判断出来るが、仔細に観ると宝図の透かしが荒々しく、鏨で丁寧に透かされており、時代を感じられる。縦に伸びた小柄櫃穴もまた特徴といえ、鉄味良く、薄手でまた特徴的であり、良い応仁鍔である。 大きさ:(縦)7,9 […]

【鍔】無銘(古鏡師)”鳳凰桐図”

0752

古鍔愛好家様には堪らない珍品で、古鏡を、後の時代に刀装具の鍔として代用したのであろう、裏面は鉄地、耳も鉄地で覆輪をかけており、時代の見方によっては非常に貴重な資料となるであろう、古鏡鍔の名品である。 鉄地も室町期をくだら […]

【鍔】無銘(南蛮)”十二支唐草透”

0751

非常に良く出来た南蛮鍔で表と裏で唐草紋が上下すれ違っており、また十二支を図案とし、全体の形の良さと構成の良さ、丸耳の美しさ等、特に良く出来た南蛮鍔である。 大きさ:(縦)8,1cm(横)8,08cm(重ね)0,59cm […]

【短刀】無銘(伝直江志津)”売約済”

0748

大志津(志津三郎兼氏)の弟子達、二代兼氏、兼友、兼次、兼信等が直江に居住した事から刀剣界では直江志津と呼ばれている。 出来は板目に杢交じった鍛えに地沸良く付き、刃紋は大小形の違う互の目乱れ、輝く沸と刃中の金筋、砂流し等、 […]

【脇指】(銘)石州住出羽貞綱 ”売約済”

0747

石州貞綱は、正宗十哲として有名な石州直綱の子として初代貞綱、名鑑によると後同名四代の存在を上げており、この作品は室町期に入っての作品で応永頃の三代乃至、四代作と鑑せられる。 この作品は非常に貴重な在銘作で、匂口よく締り、 […]

【目貫】割際端銘 光・美 ”鯛骨図” 売約済

0742

何ともハイセンスで古来の日本文化の一端を覗かせる題材を刀装具の目貫として表現した、この作品の作者は、後藤宗家十五代で幕末の天才、後藤光美である。鯛中鯛という鯛の骨を縁起物として扱っていた文化を、このような作品として残し、 […]