【刀】肥前住播磨大掾藤原忠国

0548

初代播磨大掾忠国の傑作刀である。 肥前吉家の子と云われ、江戸初期の刀剣一大生産地である肥前国での名声も高く、直刃で梨子地肌を得意とする忠吉一門とは、異なる作風で、華やかな乱刃は人気が高く、武州、幾内の新刀とはまた違った文 […]

【脇差】(刀身切付銘)正三位有功

0542

公卿ながら鍛刀を趣味として、刀剣を鍛えたといわれる、有功の作品であり、古来より、愛好家の間で、珍品として珍しがられている。 南海太郎朝尊に学び、因州壽秀等を鍛刀の相手をなさしめた。 刀身には ”やきたちハさやにをさめてま […]

【蒔絵煙草盆】無銘

0009

    菊に鳳凰の図 蒔絵総金工金具 煙草盆の御紹介です。  滝の側で爛漫と咲き誇る菊に蝶が飛んでいる、大変華やかな表図に、裏は富士山に鳳凰が降り立つという、縁起の良く、格調高い図である。  注文主は […]