【小太刀】(銘)長光

0125

0125-10125-2

優美な太刀姿に生ぶ茎二字銘の日本を代表する刀鍛冶、備前国長船長光の小太刀である。 表は真の倶利伽羅龍の彫に、裏は八幡大菩薩の文字が彫られており、現代に至るまで経た年月によっての彫の摩耗もまた見所の一つである。 中でも圧巻は一番消耗しやすいと云われている、帽子と物打ち辺りの健全さは特筆するに値する。 焼刃や映り等も典型で、備前鍛冶の大棟梁である長光から長船派の歴史が始まったとさえ云える日本刀文化を代表する一口である。

長さ:一尺七寸九分弱                                                      附:特別保存刀剣鑑定書                                                    鞘書:深山邊道識

価格 380万円