【鍔】改加昭和戌申彫之 山形市京町平田光伸 花押

0516

0516-2

0516-1七宝象嵌してある時代素銅鍔に、後に山形市住の平田光伸氏が細工を加えたであろう、作品で刀装具として、そして金工作品として美しい作品である。 金覆輪と小柄櫃覆輪が素銅の艶を一層雅に、華やかにしており、何とも蜘蛛細工が美しく、時代七宝の味と同化し、味わい深い作品となっている。

大きさ:(縦)6,87cm (横)6,8cm (重ね)0,49cm

銘:改加 昭和戌申(43年)彫之 山形市京町 平田光伸 (花押)

価格 25万円