【脇差】兼氏(室町末期)

0539

0539-1

0539-2

0539-3

身幅尋常、重ね薄く、寸延びて一尺を少し超える姿は時代を表し、匂口の締まり、連なった丁子刃が特徴的であり、また地金は古刀期の関物の典型と云える肌を出し、良く斬れると誉高い室町期の関物である。 兼氏と聞けば、最上作の志津三郎兼氏が余りにも有名で、その末裔の作であろう。

長さ:一尺五分強

附:保存刀剣鑑定書 銘 兼氏

価格 45万円