【鍔】無銘(古正阿弥)”虫散山水図”

0573

0573-1

薄手で鉄鎚目地の作域、一見平安城のように見えるが、金布目象嵌を使用した技法、耳に僅かに残る金布目象嵌等の点から古正阿弥と鑑定されたであろう鍔である。 何より虫一匹一匹の表現が素晴らしく、また対照的な裏面の清閑さがとても心を落ち着かせ、一枚の絵画作品で二度楽しめるような作品である。

大きさ:(縦)約8,0cm (横)7,75cm (重ね)0,38cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 古正阿弥

価格 14万円