【脇差】摂州住藤原助廣(初代・承応頃)”売約済”

0580

0580-1

0580-2

0580-3

初代ソボロ助廣の最晩年の作品である。 若年は初代国助の代銘を行っていた時期が長かった為、案外初代ソボロの自身作も少ないものであり、晩年の承応までは特に出羽守助信や若狭守助宗、そして二代津田助廣の代作代銘が数点現存している。

そしてソボロ晩年の作とは古来より、(新刀賞鏨餘録より) ”見事なる出来なり” と称賛されている作品が多く、この作品も備前伝の傑作で、現在は古研ぎの状態ではあるが、細かい丁子刃に尖り交じりで、乱れ映り鮮明であり、古作一文字の作品に肉薄しているとも云え、出来が素晴らしい。 また古来より伝わる拵も縁頭 後藤光長 在銘作であり、伝来の良さが伺える。

長さ:一尺七寸四分半 元幅 3,05cm 先幅 2,1cm 重ね 0,62cm

附:白鞘入り、特別保存刀剣鑑定書、茶石目地塗鞘脇指拵付

価格  ”売約” 致しました。 英国紳士 有難う御座います。