【短刀】月山貞一造(刻印) 慶応二年春 売約済

0581

0581-1

0581-2

0581-3

0581-4連なった丁子刃の中に砂流等の働き十分、物打ちから帽子にかけての沸の鮮やかさは覇気溢れんばかりであり、全体的に相伝備前風の傑作といえよう。 地鉄も純然であり、淡く映りたっており、初代月山貞一の技量の高さを証明する作品とも云え、海外の愛好家も多いのも頷ける。 また茎仕立てや銘切も、とても美しく、彫物を得意とした師の技量が茎にも伺えて、美術性の高い作品である。

長さ:七寸九分  元幅 2,58cm 先幅 2,0cm 重ね 0,73cm

附:黒呂漆塗合口拵入り、特別保存刀剣鑑定書

価格 ”売約” 致しました。 大阪府 御人 有難う御座います。