【鍔】無銘(古正阿弥)”四方勝紋透図”

645

645-1

 

時代の上がる特徴ある切羽台、表面に残る漆と鉄味との深淵な魅力、耳にうっすら浮き上がる鍛えた鉄の証である鉄骨がゴツゴツしており、武骨な味がとても良く、またシンプルな図案であるが、引き込まれるような深みのある作品である。 鎌倉時代の備前物か相州物に合わせる天正拵え等に使用すれば、尚深まった武士の精神が感じられるであろう、鍔である。 また透鍔とは思えないずっしりとした重量もとても良い。

大きさ:(縦)8,0cm (横)8,0cm (重ね)0,47cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 古正阿弥

価格 15万円