【鍔】和泉守与四郎 小池直正

648

648-1

648-2

 

大振りで堂々としており、掟通りの平安城象嵌と呼ばれる手法で桐蔦を表現し、桐紋を色の違った、銀、素銅で据えており、豪華かつ大胆な作品である。 小池直正のこの技法は唯一無二で、与四郎象嵌と呼称される作風を開拓した。 馬具関係の鐙師の出身といわれ、京都住、または京都出身で加賀住、江戸時代初期に活躍した名工で、鍔工で珍しく和泉守を受領しており、珍品である。

また昭和三十九年に岡山備前出身で、医学博士であり、海外への刀剣、刀装具の普及を行い、未だに著書は刀剣愛好家の必備品である、故鳥越先生の箱書きもあり、伝来の良さも伺える。

大きさ:(縦)8,3cm (横)8,0cm (重ね)0,43cm

附:特別保存刀装具鑑定書