【鍔】無銘(埋忠)”竹図” 売約済

0661

0661-1桃山時代から江戸初期の刀装具文化を反映した鍔であり、金工最上位の埋忠明禱や光忠の作品のようであり、日本美術のルネッサンスとも云われる安土桃山文化を感じられ、とても貴重な作品である。大振りで堂々としており、鍔表面の味も素晴らしく、埋忠鍔の傑作の内の一枚であろう。

大きさ:(縦)7,6cm(横)7,2cm(重ね)0,39cm

附:特別保存刀装具鑑定書 無銘 埋忠

価格  ”売約” 致しました。  東京都 御人 いつも有難う御座います。