【鍔】信古堂 ”月下群烏図”

0671

0671-1初代の鷲田光時は出羽国庄内に住し、江戸へ出て柳川直光に師事し、光時の工銘を許され、帰郷後に藩工となり酒井家から三人扶持を支給される。先祖は越後国福井の人で松平家の武士であった。 庄内藩好みの小さ刀拵え用の四分一磨地に御多福木瓜形は上品で個性があり、写真の反射で鍔本来の味は表現出来てないが、とても清閑な鍔である。

大きさ:(縦)6,7cm(横)5,6cm(重ね)0,5cm

附:保存刀装具鑑定書 信古堂(鷲田光時)

価格:15万円