【脇指】肥前国住人忠吉作

0686

0686-1

0686-2

0686-3

0686-4

新刀最上作にて最上大業物として古来より有名で江戸時代初期より肥前刀の名を高からしめた頭領の初代忠吉の珍しい寸延び短刀である。 慶長期の秀岸銘五字忠吉では桃山時代を表した豪壮且つ華やかな作品が多く、慶長末期から元和期には様々な写し物(京、志津、村正、景光、長義)等を狙った作品や、宗長と共作した彫物の作品も現存しており、後の江戸時代、刀剣文化の礎を築いた天才作家であり、鍋島家より大名家への贈答品として宮家への献上品として一大刀剣生産地の肥前国の刀剣文化を築いた歴史的作家でもある。

本作は慶長末期から元和期にかけての作品で、来国光を狙ったのであろう、また後の肥前刀の代名詞である直刃出来の作品の元となった御刀とも云え、資料的価値も高い。

また様々な造りこみにも挑戦しており、寸延びになると一尺三寸ぐらいの延びた平身作品か菖蒲造、切刃造や冠落し、古短刀を写した作品等、様々あり、技量の高さや上品に造り上げる感性等も高く評価されており、愛刀家の秘蔵の一品として家宝となるであろう。

銘:肥前国住人忠吉作

長さ:30,4cm (一尺)

附:特別保存刀剣鑑定書

価格 230万円