【刀】備中国水田住大与五国重

0689

0689-1

0689-2

江戸時代当時より、相州伝、荒沸出来の豪快な作風がとても人気がある、備中国水田国重一派の代表工であり、出来の良さから当時、銘を消されて正宗や郷義弘として悪用される程の沸の力強さと明るさ、地景や地沸が美しく、その反面現存している作品もとても少なく、希少価値の高い大与五国重の作品である。

江戸時代の刀工番付で助廣、真改と並び横綱格で評されており、現存本数も少ないが為に昭和期には愛刀家の間で非常に珍品として有名であり、江戸期の相州伝人気の高さを伝える歴史資料としても価値の高い刀工である。

この作品は国重一派の作風通りで、元焼出しのたれ気味で尖刃交じりの大互の目に先に行くにつれて小互の目を交え、刀身全体に棟焼が掛かっており、皆焼風の刃文に地沸美しく、覇気のある作品である。

長さ 二尺三寸弱 元幅 3,2cm 重ね0,9cm

附:特別保存刀剣鑑定書 黒呂漆塗鞘打刀拵

価格:280万円