【刀】播磨守藤原輝広作

0690

0690-1

0690-2

0690-3

0690-4

福島正則と共に芸州へ渡り、その後一派を成した播磨守輝広の作品で、寛文頃の三代晩年か、四代若年の作品である。 刃文匂口明るく締り、美しく輝く小沸が微塵に付き、特に杢目交じりの地景を交えた純然たる地金は黒く澄んでいてネットリとしており、上品であり、品格のある御刀である。

また付属の拵えも時代があり、重量のある黒呂漆塗鞘に小柄笄を差し、鍔や縁頭も赤銅地のとても高価な物を使用し、高級武士の腰に差し、身分の高さを表す事が出来る一品として品格高い。

長さ:二尺二寸九分 元幅3,0cm 重ね0,7cm

附:特別保存刀剣鑑定書 黒呂漆塗鞘打刀拵

価格:170万円