【脇指】薩陽士奥元安 享和三亥二月

0692

0692-1

0692-20692-3

薩摩元直三子にして、大和守元平の弟で作品稀な奥元安の豪壮な大切先脇指である。 比較的元安の作品はこのように大切先で豪壮な造り込み、荒沸微塵に付き、輝き明るく冴え、薩摩の芋蔓と云われている強い金筋が所々表れ、地鉄も美しく詰んだ肌に地景表れ、覇気のある作品が多く、名工である大和守元平の代作も行っており、兄を凌ぐ力量を持っていたかもしれない。

このように幕末の薩摩刀、相州伝の傑作は正宗、貞宗、郷のようである云われ、茎を擦り上げられ、銘を消されて無銘物にさせられたりしていた為、それを防ぐために茎の肉薄く、鎬筋高く、刃棟鋭く、茎を改良されないようにこのような形状になったとも云われている。

長さ:一尺五寸四分半 元幅3,53cm 先幅2,9 重ね0,78cm

附:特別保存刀剣鑑定書 白鞘入り

価格:125万円