【鍔】唐津住正国 ”杏葉牡丹紋図”

0695

0695-1

伊藤正国は唐津住や武州住と銘し、特徴的な糸透しが素晴らしく、その透かしを良く見てみると数カ所のみ完全に透かさず、抜け落ちないように工夫しており、どのような鏨や道具を使用してこの糸透技法を確立したのか、興味深い技術である。 江戸中期には珍しく大判で無櫃な作風は後の幕末の豪壮な刀剣需要の予見であろうか。

大きさ:縦9,1cm 横9,0cm 重ね0,4cm

附:保存刀装具鑑定書

価格:14万円