【脇指】長州住人源清重作 寛永八年 ”売約済”

0699

0699-1

0699-2

0699-3

室町期の長州(現在の山口県)には二王派が多く刀剣の製作を行っており、清重は代々二王派の刀匠として江戸時代末期まで続いている。 御刀は貴重な寛永年期が刻まれており、茎の状態非常に良く、鏨枕が立っておる程健全、鑢目もハッキリと残っており、また上の状態も良く、身幅豪壮、刃肉、重ねタップリとあり、保存状態の良さが特筆される一振りである。

長さ:一尺三寸二分弱 元幅3,0cm 先幅2,38cm 重ね0,7cm

附:保存刀装具鑑定書 白鞘入り

価格 ”売約” 致しました。 埼玉県 御人 いつも有難う御座います。