【小柄】元春 ”於福図”

0703

0703-1

上質な漆黒の赤銅地に手入れの行き届いた髪、ふっくらとした銀の顔、妖艶に立ち振る舞う姿は色気があり、一般的な現在のお多福、お福、おかめ等の御面のイメージとは少し趣が異なって感じれる。また裏面の桜の花弁散る模様に笹の葉と鴨の穏やかな表現もどこか哀愁が漂っており、情緒のある作品である。

附:保存刀装具鑑定書 元春(花押)

価格:16万円