【脇指】出雲守藤原貞重 ”売約済”

0718

0718-1

0718-2

0718-3

0718-4

寸が延び先反り、江戸時代初期の慶長期の典型的な体配で、また片切刃は時代を表す姿であり、平造の差表には薙刀樋を掻き通して地金鮮明、杢目交じりの柾目がとても美しく、差裏の片切刃は草の倶利伽羅龍と梵字を上品に彫り、越前下坂貞重として彫物がある点も高評価出来る完品である。

古刀期を伺わせる様な、地金や刃文、入札鑑定で出れば、室町末期の古刀と間違える程の作品で慶長期を表す歴史資料である。

付属の拵えは出鮫黒漆塗柄に印籠刻みを施した小さ刀拵えである。

長さ:一尺二寸六分弱 元幅3,05cm 先幅2,5cm 重ね0,47cm

附:特別保存刀剣鑑定書 黒印籠刻塗鞘小さ刀拵

価格  ”売約” 致しました。 いつも有難う御座います。