【縁頭】常直(花押)”老師童図”

0728

0728-1

0728-2如何にも町彫りの作品で寺子屋にて老師が教鞭を取っている場面であろう、四分一地を磨き込みで図案を明るく表現し、繊細な彫口にとても控えめな金象嵌でとても穏やかで和やかな作品になっており、平和な時間をゆったりと感じられる。 常直は人物図の作品を多く残しており、物語や日常の空間を切り取ったように描写した技術は先鋭的とも云え、コレクターも多い。

大きさ:(縁)3,78cm (頭)3,35cm

価格:9万円