【刀】無銘(山城大掾国次)”児手柏刀”

0733

0733-1

0733-2新刀古刀境期に極稀に現存する表裏の刃文が違う刀剣で、万葉集の歌にちなんで刀剣界では児手柏と云われる珍しい刀剣である。差表が中直刃で柾目に杢目肌交じりの地金に、差裏が小互の目丁子刃で沸明るく厚く、足砂流等働き多く、表裏の違う刃紋をムラが無く焼き上げる技量の高さが求められる技術で当時の刀匠が自己の技量を証明するために造られたとも云われている。

長さ:二尺三寸四分 元幅2,95cm 先幅2,05cm 重ね0,73cm

附:保存刀剣鑑定書 無銘 山城大掾国次、白鞘入り

価格:55万円