【両刃短刀】備前長船祐定作(与三左衛門尉)”売約済”

0735

0735-1

0735-2

0735-3

愛刀家であれば一度は所持したいと所望する最上作にて大業物である、与三左衛門尉祐定の両刃の短刀である。表には末備前名作に良く彫られている独鈷剣に不動明王の文字を、裏には天照皇大神、八幡大菩薩、春日大明神の文字を彫っており、また鎺は三つ巴の家紋を透かし彫してあり、伝来の良さが伺える。

地刃共に健全で彫口鮮明、鎬筋鋭く立ち、保存状態も頗る良く、正に座右の銘になるほど、常に肌身離さず抱えていたく、また様々な神の文字を彫っており、偶像崇拝の対象としても価値があるともいえよう。

長さ:六寸九分強  元幅2,4cm 先幅1,9cm 重ね0,63cm

銘:(表)備前国住長船祐定作 (裏)永正十二年二月日

附:特別保存刀剣鑑定書 備前国住長船祐定作(与三左衛門尉)

価格 ”売約” 致しました。 兵庫県 御人 有難う御座います。