【現代刀】武蔵国住吉原荘二作之 昭和酉辰歳八月吉日

0736

0736-1

0736-2

0736-3

東京都無形文化財保持者で現代の日本刀文化の重鎮である吉原国家(荘二)刀匠の太刀である。 太刀姿腰反り美しく、豪壮且つ優美な体佩は持つ者の背筋を正し、刀匠得意とした備前伝の作風は地鉄精良で一切の妥協無く、匂口の締まった備前伝の丁子刃文は鍛錬の素晴らしさ、焼き入れの際の刀匠の覇気と英気を注いだ結晶であり、吉原荘二刀匠の技術を集約したこの作品は後の我国に100年、200年と語り継がれるべき伝統文化であり、現在でも世界へ誇る日本の究極の美術品である。

長さ:72,6cm 元幅3,3cm 先幅2,35cm 重ね0,8cm

銘:佩表 武蔵国住吉原荘二作之 佩裏 昭和酉辰歳八月吉日(昭和51年)

価格 140万円