【目貫】際端銘 平田・就将 

0740

0740-1

厚手でしっかりとしており、短刀合口拵に出し鮫着柄等で使用出来るであろう、家紋の目貫で、銘が平田就将とある。先代の名工、平田春就没後の天保年間に憤例により将軍家に拝謁して九代目の家督相続を許され、十人扶持の俸禄を支給される良工である。

大きさ:梶葉紋 3,37cm 菊紋3,38cm

附:保存刀装具鑑定書 際端銘 平田 就将

価格:10万円