【縁頭】弘義(花押)”桃太郎昔話”

0741

0741-1

0741-2

御爺さんは山へ芝刈りに、御婆さんは川へ洗濯へで、日本人であればすぐに童話、桃太郎を連想するであろう。作者の打越弘義は水戸金工を代表する名工、打越弘寿の門人で流石、一見してすぐに打越派の作品であると判断出来る作品。 とても上品な四分一地に極力装飾を控えた表現、江戸時代の美意識の集大成が多く存在した幕末の風を感じられる。 装飾性の高い柄巻を施し、秘蔵の愛刀を飾るには十分な縁頭である。

大きさ:(縁)縦3,8cm (頭)縦3,4cm

附:保存刀装具鑑定書

価格:13万円