【脇指】(銘)石州住出羽貞綱 ”売約済”

0747

0747-2

0747-1

石州貞綱は、正宗十哲として有名な石州直綱の子として初代貞綱、名鑑によると後同名四代の存在を上げており、この作品は室町期に入っての作品で応永頃の三代乃至、四代作と鑑せられる。

この作品は非常に貴重な在銘作で、匂口よく締り、小沸が微塵に重なり、連なった互の目乱刃が焼幅広く健全で、身幅尋常で重ね厚く、地金板目良く詰み景色多く、非常に健全な保存状態が好まれる好資料である。

長さ:一尺  元幅3,0cm  重ね0,6cm

附:特別保存刀剣鑑定書、特別貴重刀剣鑑定書

銘:石州住出羽貞綱

価格 ”売約” 致しました。 兵庫県 御人 有難う御座います。