【短刀】無銘(伝直江志津)

0748

0748-1

0748-2

0748-3

大志津(志津三郎兼氏)の弟子達、二代兼氏、兼友、兼次、兼信等が直江に居住した事から刀剣界では直江志津と呼ばれている。 出来は板目に杢交じった鍛えに地沸良く付き、刃紋は大小形の違う互の目乱れ、輝く沸と刃中の金筋、砂流し等、刃の出来は素晴らしく、一見して成程、直江志津の極めも肯定出来る。

付属の拵えも江戸肥後揃い金具を使用しており、目貫は赤銅玉龍を上品にさりげなく、全体的に雲龍図のコンセプトがとても名短刀にマッチしており、家宝の御守り刀としても価値の高い一品になるであろう。

長さ:八寸七分  元幅2,6cm  重ね0,45cm

附:特別保存刀剣鑑定書 無銘 伝直江志津、江戸肥後合口拵付

価格:85万円