【鍔】西垣勘平作 七十三歳

0749

0749-1

木瓜形の地に耳を丸く仕上げる事でより一層図案を引き締めており、図案の意匠と鉄味を浮き上がらせる事で上品な図案を印象的にまとめている作者の西垣勘平は初代勘四郎の子であり、茶の湯の精神を刀剣文化に落し込んだ肥後金工の美意識をしっかりと具現化している。

大きさ:(縦)7,41cm(横)7,09cm(重ね)0,62cm

附:保存刀装具鑑定書付

価格:23万円