【鍔】無銘(京透)”柳枝水透” 売約済

0756

0756-1

0756-2

上下幅の狭い切羽台、繊細な線で描いた優雅な図案、少し武張った小柄櫃穴の大きさ、全体の構成の上品さ等、桃山期の京透の特徴が至る所に表れており、純日本美術といってよい作品である。鎌倉時代の豪壮な刀剣を飾る天正拵えや桃山期の外装の手元を守るには丁度良く、また大振りなサイズも良点である。

また鳥越先生の箱書きも伝来の良さが伺える。

大きさ:(縦)8,31cm(横)8,18cm(重ね)0,49cm

価格 ”売約” 致しました。 有難う御座います。