【小柄】無銘 ”双龍図”

07640764-1

双龍図も添紋では無く、赤銅地を丹念に彫り込んでいる点や魚子地の時代感、そしてかなりの経過したであろう時代も表面に付着しており、古後藤派か古金工と思われる室町末期と見て良い小柄である。 漆黒の作品にキラリと光る眼光にのみ金象嵌を施しており、また伸びやかな龍の体が躍動感あり、古名刀の拵えの小柄には丁度良いであろう。

価格:12万円