【縁頭】(銘)美濃住光仲 ”秋虫秋草図”

0767

0767-1

0767-2

0767-3

毎度の事ながら、この作品の彫口の深さと出来の素晴らしさ、厚手の金地を縁の上下に被せた事によるこの作品の重量感、そして圧倒的な存在感が写真で表現出来ない事が残念であるが、一度手に取って見てみると光仲作品の白眉作とハッキリと云えよう。 正確には測定できないが3mm程、彫下げているであろうその深さにより、浮かび上がる図案の迫力は普段見る光仲作品のそれとは一線を画しており、代表的な古美濃作品を凌駕するよう挑戦した形跡が感じ取れる。

銘:美濃住光仲

価格:25万円