【鍔】無銘(古甲冑師)”輪宝透” 売約済

0769

0769-1

切羽を装着し、刀剣に装着していたであろう形跡がまた古い歴史を証明しており、その部分も鍔全体の景色として楽しめ、無櫃穴の形状もまた江戸期に改造された一般的な甲冑師鍔とは違い、伝来の良さと古刀装具資料として大事にされてきた経年も語り掛けてきており、鉄鎚目地の景色や、枯れたような古雅な鉄味、また透かしの線や形状も古い時代のデザインとしての好資料であり、名鍔である。

大きさ:(縦)9,0cm(横)9,0cm(重ね)0,31cm

附:特別保存刀装具鑑定書 無銘 古甲冑師

価格 ”売約” 致しました。 神奈川県 御人 いつも有難う御座います。