【鍔】(銘)藻柄子入道宗典製 ”李白観瀑図” 売約済

0771

0771-1

0771-2

江戸時代中期に流行した藻柄子宗典製の鍔で、一般的に流通している宗典製は大量生産品が多く、鋳造の為、鉄味や象嵌、景色が悪いが、この作品はそれとは全く別の作品で、宗典入念作であり、美術性が高い 松竹梅の意匠は入念な彫口と繊細な象嵌、表裏の見え方も工夫しており、また地鉄の質が良い為、黒い潤いを含んだ鉄味は景色をより一層深く、清閑である。 古来より愛好家は宗典の入念作を好んでおり、手のひらに収まる日本美術品として海外の愛好家も多い。

大きさ:(縦)8,6cm(横)8,2cm(重ね)0,5cm

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 いつも有難う御座います。