【脇指】(銘)武蔵大掾是一

0781

0781-1

0781-2

0781-3

0781-4

0781-5

0781-6

0781-7

0781-8

地刃共に健全かつ豪壮な身幅と焼幅が手にしっかりと重量感を感じさせ、江戸新刀期に備前伝を狙った作品は数多く存在するも、秘技と云われた備前写りまで再現した作者は少なく、貴重である。

この作品は匂口純然と締り、尖刃交じりの備前丁子は鎌倉期の一文字派を狙った作風であり、そしてその写りがしっかりと再現されており、是一の技量の高さを現代に伝える作品である。

初代武蔵大掾是一は近江石堂一派にして江戸に移り、一派を成した祖であり、得意とした備前一文字風の丁子刃を得意とした。

長さ:53,5cm 元幅3,21 先幅2,39cm 重ね0,65cm

附:特別保存刀剣鑑定書、白鞘入    Tokubetsu Hozon certificated

価格:58万円  Price: 580,000 JPY