【刀】(銘)勢州度会郡山田住国安作 ”売約済”

0782

0782-4

0782-5

鎌倉期に都の山城にて燦然と輝く刀工一派の来派は後に途絶えてしまうが、越前に移った千代鶴派の祖の来国安と中島来国安等、諸国に移り流派を成した歴史があり、この作品は中島来の末裔と思われ、大和国和州に移った国安や後の摂津淡路房国安等、南北朝から応永にかけて激動の時代を移り作刀を行っていた。

この作品は杢目掛かった地鉄は大和物でも、御当地の千子物とも少し違い、時代室町末期、寸延びて反り浅く、匂口締まった小ノタレを交えた刃紋は明るく冴え、当時の歴史を今に伝える文化財として貴重である。

伊勢山田という地名は現在では伊勢神宮外宮鳥居前町であり、度会郡は明治以降伊勢市、志摩市、多気郡明和町の一部となった場所である。

長さ:74,8cm 元幅3,35 先幅2,2 重ね0,7cm

附:保存刀剣鑑定書 白鞘入  Hozon certificated

価格  ”売約” 致しました。  大阪府 御人 有難う御座います。