【鍔】(銘)野村正英(花押)”沢瀉図”

0785

0785-1

鍔の最上位としてまた献上鍔として最高の格高い赤銅無垢地に魚子地を撒き散らした鍔は大名家の注文作品である事が多く、この作者である野村正英は蜂須賀家の御膝元である、阿波徳島住で秀五郎といい、野村正光の子で野村家の七代目である。

勿論、電気も拡大鏡等も無い時代に魚子師が一日に打てる魚子は僅か数センチと云われており、天気の良い日に日の光りで極限の集中状態で失敗の許されない魚子を打ち続ける労力は想像を絶しており、製作日数を考えただけでも気の遠くなる仕事である。

過剰な装飾を排除して表現したこの鍔はその当時の日本人の美意識そのものであり、武を中心に信と忠を突き通した武士の究極の美であり、我国が誇る究極の美術品としてまた歴史を証明する文化財として貴重である。

大きさ:(縦)7,49cm(横)7,3cm(重ね)0,43cm

附:特別保存刀装具鑑定書  Tokubetsu Hozon

価格 55万円  Price  550,000 JPY