【脇指】備前国住長船七兵衛尉祐定 承応二年八月日

0806

0806-1

0806-2

0806-3

0806-4

平安鎌倉から続き、室町期には刀剣生産日本一を誇り、数々の綺羅星のような天才刀匠を生み出した備前長船も室町末期の大洪水により、多くの刀鍛冶、作刀場が流され大損害を被った。 そして江戸期に入り、相州伝の隆盛等、時代の流れで一時、備前長船鍛冶が歴史上、滅多に見れなくなったが、寛文頃の河内守祐定や上野大掾等の名工が表れて新刀期の備前が再興された。

作者である七兵衛祐定もその一人で藤四郎祐定嫡男、永正与三衛門五代孫と云い、室町期の備前刀を見るような作品を残し、貴重な江戸期の長船鍛冶として人気が高い。

特にこの作品は与三衛門の作品を写した御刀で彫物、梵字に素剣、裏に梵字と護摩箸を彫り込み、茎も短く、末備前の姿そのものであり、詰んだ地鉄に少し尖刃が古刀のそれより柔らかく、七兵衛の個性も表現し、新刀備前の典型作且つ、代表作と云えよう。

長さ:57,4cm 一尺八寸九分 元幅3,1cm 先幅2,1cm 重ね0,87cm

附:特別保存刀剣鑑定書 白鞘入り

価格:58万円