【刀】於皇都朝尊造 天保十三年正月日 二尺七寸

0809

0809-1

0809-2

0809-3

0809-4

本国土佐の南海太郎朝尊の二尺七寸にも及ぶ大太刀である。 左行秀が土佐藩工となるに及び、文政中故国を去って上洛、粟田口伝を追究し、後に大いに子弟を育成する。千種有功卿(正三位有功)に鍛刀を教えた事でも有名である。

反り浅く、大切先の造り込みに鎬を落として重量を軽く設計する(冠落造)であり腰元に素剣を表裏に彫り如何にも豪壮である。 地鉄も流石、左行秀と競っただけあり、純然で美しく、少し逆がかり、尖刃交じりの小丁子を全体に焼いており、激動の幕末の姿や時代典型の作品である。

長さ:83cm 二尺七寸三分 元幅3,35cm 先幅2,5cm 重ね0,85cm

附:特別保存刀剣鑑定書 白鞘入り

価格:135万円