【鍔】亀眼 ”波濤透図” 売約済

0810

0810-1

何とも江戸情緒感じられる鍔で、武州伊藤派とは少し違い、日本画でも人気の高い図案を鉄鍔に落し込んだ作品である。入り交う波濤は躍動感があり、荒々しく豪快に描かれた水墨画の様で、形、配置良く、波飛沫を金玉象嵌で全体に表現し、全体に華やかである。

亀眼は江戸中期江戸住の奈良派で、また安親を模した作品もあり、師として仰ぎ、追い付こうとした亀眼は巧手として町彫りの歴史の一人である。

大きさ:(縦)7,5cm(横)7,31cm(重ね)0,6cm

附:保存刀装具鑑定書  亀眼 Hozon certificated Kigan

価格 ”売約” 致しました。 米国 御人 いつも有難う御座います。