【鍔】遊洛斎赤文(花押)”布袋唐子図” 売約済

0822

0822-1

庄内金工を代表する名工、游洛斎赤文の鍔である。青年時代に江戸に出て、浜野家に学び、京都にも游学した。江戸で庄内藩酒井家の抱工となる。

ネットリとした鉄鎚目地はとても清閑で落ち着いており、布袋唐子図は鉄地に高彫で装飾を様々な素材を駆使して象嵌色絵を施して華やかに演出しており、一幅の絵画のようである。

大きさ:(縦)6,71cm(横)6,4cm(重ね)0,4cm

附:保存刀装具鑑定書 Hozon certification paper

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 有難う御座います。