【鍔】無銘(埋忠)”四方猪目透夕立風景図”

0826

0826-1

形の特徴的な両櫃穴は時代を表し、全体の雰囲気から桃山文化を強く感じられ、上辺の雲図は片切彫りで静かな様を、雷鳴は金象嵌で幾何学模様のようで特徴的であり、木々が靡く様は細かく刻んだ地に金銀板を打ち付ける布目象嵌で他と違った景色を表現しており、細部にまで計算された美術性の高い作風は後の大家、光忠、明寿に通じるものがある。

大きさ:(縦)7,54cm(横)7,38cm(重ね)0,4cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 埋忠 Hozon paper Mumei Umetada

価格:18万円 Price: 180,000 JPY