【目貫】割短冊銘 石黒・政美 ”秋草図”

0837

0837-1

0837-2

0837-3

0837-4

日本金工史を代表する名工の石黒政美の作品である。 石黒家は特に花鳥の図案が華やかで独壇場の作風を確立し、また華開かせた名家であり、この作品も生花のように広がりがあり、奥行のある様に草花が配置されており、一見して石黒派の作品だと分かる。 またこの時代によく見られる地金(赤銅地や金無垢地)に金、銀、素銅を上に被せるようにそえて仕上げる置金色絵技法は、一層作品を華やかに演出する技法で町彫りの特徴でもある。

大きさ:(左図幅)3,5cm (右図幅) 3,7cm

附:保存刀装具鑑定書 割短冊銘 石黒・政美 Hozon paper Ishiguro Masayoshi

価格:38万円 Price: 380,000 JPY