【脇差】備州長船則光 文明二年二月日

0839norimitsu

0839-2

0839-10839-30839-40839-5

とても華やかな蒔絵が描かれた鞘に収まっている上品な備前刀である。身幅タップリ元から先まで少し角がとれた則光特有の互の目丁子刃紋は明るく冴え、出来が良い。 応永備前と末備前の間にまたがる時代の刀工であり、後の著名刀工を多く輩出した末備前期の礎となった刀工の一人でもある。

付属の拵えは桜の華と蕾を金、銀蒔絵にて表現しとても上品で華やかである。

長さ:一尺五寸八分弱 元幅2,9cm 先幅2,0cm 重ね0,65cm

附:保存刀装具鑑定書 蒔絵鞘脇指拵入り

価格:95万円