【短刀】三笠秀明 藤田佩

0840mikasa

0840-10840-20840-30840-40840-5

所謂、三笠刀と呼ばれる作品で作者は堀井秀明刀匠、彫物は”皇国興廃在此一戦”とあり、刃文直刃で地鉄の肌美しく、戦艦三笠の余鉄を以て作刀された、今となっては非常に貴重で、歴史ファンのみならず、海外にも愛好家が多い。

更に貴重なのが、保存状態が非常によい、鮫皮着鞘海軍短剣拵えが付属する事と、この作品の旧所有者が藤田怡与蔵であった事である。 最終階級は大日本帝国海軍少将であり、様々な歴史的戦いを生き抜いた歴史偉人であり、頗る貴重な歴史資料である。

長さ:22,9cm 元幅2,1cm 重ね0,6cm

附:鮫皮着鞘海軍短剣拵付、白鞘入り

価格:85万円