【鍔】無銘(古金工)”紋散図” 売約済

0848

0848-1

古い野太刀に装着していたであろう質素で大人しいが、時代経過による表面の漆の剥がれ具合や、後の彦三等の肥後鍔に通じるような、落ち着いた素銅地の色合いが味わいとても深く、また見た目より手に取ると感じられる重厚感もやはり長尺な太刀に装着されていたであろう、手元の重みを助ける機能性も完備した設計でとても味わい深い

大きさ:(縦)8,48cm(横)8,18cm(重ね)0,46cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 古金工 Mumei Kokinko

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 有難う御座います。