【刀】於大阪和泉守国貞作之

0864kunisada

0864-10864-20864-30864-4

新刀期を代表する名工であり、様々な作風を残し、技量の高さを伺える天才、和泉守国貞の二尺五寸にも及ぶ刀である。 この作品は普段の新刀期の姿や出来では無く、古作備前伝の太刀を狙った特別な作品である。

鑑定の見所である大阪焼出しはしっかりと表現されているが、物打ち辺りの直刃調の中に長足や、普段の作風に見られない入り組んだ小丁子と小互の目丁子が鎌倉時代の備前刀のそれであり、明るく純然と締った匂口の上に冴えた小沸が明るく、砂流しも見られ、数百年後の大慶直胤や水心子正秀の備前伝の写しの様に、古作への挑戦が垣間見れ、写し物を作らせてもここまでの技量を発揮している親国貞はやはり新刀期を代表する名工と云っても過言では無い。

長さ:二尺五寸強(75,7cm)元幅3,1cm 先幅2,1cm 重ね0,73cm

附:特別保存刀剣鑑定書 Tokubetsu Hozon certificated 白鞘入

価格:220万円