【目貫】無銘(後藤)”這龍図” 売約済

0886

0886-1

刀装具中、龍図が一番一般的且つ、人気が高いが、この作品も必ずといって良い程、一点は必要である。 出来れば古名短刀の拵え製作の為に、出し鮫着せの黒呂塗合口拵えの目貫として、いや、大名拵えを作成の際、いやほぼ全ての拵えに合う図案がこの龍図で、金龍と赤銅龍はいつの時代も人気が高く、普遍的である。

細部を拝見しても、特に出来が良く、爪や肉付き、ウロコの特徴のある鏨使い等、典型そのものである。

大きさ:(左目貫)約4,0cm(右目貫)約4,0cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 後藤 Hozon paper Mumei Goto

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 いつも有難う御座います。