【小柄】無銘(西垣)”九曜紋二双図” 売約済

0888

0888-1

一見、ごく普通の小柄のように見えるが、赤銅魚子地で裏地の仕立ても、どこか江戸風というか、肥後金工としては珍品と云ってもいいような雰囲気の作品である。

一般的な地板を作成し、それをはめ込んで縁で締めるといった技法では無く、小柄全体で一枚赤銅地を成形し作成したようにも見え、とても面白い。上記の技法で製作された小柄より全体的にノペっとしており華やか過ぎず、清閑であり、打ち込んだ魚子も一点一点、目で追うと魚子師の息遣いが聞こえてくるような。 そしてやはり独特の朱がかった九曜紋の色も美観の一つであり、やはり肥後金工の作品である。

附:保存刀装具鑑定書 無銘 西垣 Hozon paper Mumei NIshigaki

価格 ”売約” 致しました。 東京都 御人 いつも有難う御座います。