【鍔】無銘(甚吾)”陰蝶透双龍図” 売約済

0899

0899-1

これまた肥後金工の様々な特徴が詰め合わさったような志水家らしい作品である。 縁起が良く、特徴ある八角の切羽台は、とても個性的であり、小柄櫃穴の形状も個性的、控えめではあるが、デザインのミソである陰蝶は愛らしく、布目象嵌の双龍は、これまた個性的な描写で、そしてこの作品は更に椀形の鍔である点も、とても個性的で非常に面白い鍔である。

よく見る椀形鍔より、重ねを薄くする事で、ボテっとした感を無くし、耳を椀形の内側に絞りこむ事により、更にスッキリとした設計で、やはりとても上手な鍔工として評価が高いのも頷ける。

大きさ:(縦)8,1cm(横)7,32cm(重ね)0,3cm

附:保存刀装具鑑定書 無銘 甚吾 Mumei Jingo

価格 ”売約” 致しました。 千葉県 御人 いつも有難う御座います。